リタイアしたい公務員の日記

50歳までには(いま44歳)

三井住友トラストVISAゴールドカード「S」

こんにちは、ろーむです。

職場の福利厚生雑誌に三井住友トラストVISAゴールドカードSというクレジットカードの案内が載っていました。名前の末尾に「S」とついてますが、これは通常の三井住友トラストVISAゴールドカードに比べて年会費が安く設定されているもののようです。

クレジットカードは楽天カードと三井住友ナンバーレスカードの2枚で間に合ってるのですが、最大20,000円相当ポイントプレゼントが気になって調べてみました。

 

20,000円相当ポイントもらう条件は4カ月以内に20万円の利用

月当たり5万円がノルマで、メインカードとして使えばギリギリ達成できそうな金額です。

ポイントはワールドプレゼントのポイント

ワールドプレゼントは初耳でした。調べてみると1ポイント1円で交換できるのはキャッシュバックくらいで、楽天ポイントなどに交換する場合は80%に目減りします。

カードを作る価値

初年度は最初の4カ月に20万円利用することで2万円のポイントプレゼントがもらえます。それとは別に通常ポイント1000円(20万円の0.5%)がもらえるので、合計21,000円分のポイントがもらえます。

2年目以降ですが、21,000円のポイントをもらってすぐの解約はカード信用に傷がつきそうなので、積極的には考えていません。

そうなると、年会費を無料にするために年間10万円を利用することがノルマとなります。そのときにもらえるポイントですが、還元率は0.5%なので500円分です。楽天カードだと1%還元で1000円分のポイントがもらえるので、500円の差が生じます。

つまり、三井住友トラストVISAゴールドカードSを作ることで、初年度に21,000円のポイントがもらえるものの、その後はカード維持のために毎年500円ずつポイント損をすることになります。

これをどう考えるかですが、21,000円を運用に回すと考えたら、運用利回りが4%(⇒840円)でもポイント損を賄えるのでアリではあります。

ゴールドカードを作れるのはリタイア前まで?

ゴールドカードなので空港ラウンジ利用や旅行保険、そしてステータスがあります。ただ、自分は(特にステータス面について)そこまでの魅力を感じていないので、カードを作るか悩みどころです。申込期限までまだ時間あるのでもう少し考えることにします。

 

それでは、また。