リタイアしたい公務員の日記

遅くても50歳までにリタイアします(いま45歳)

課長面談

こんばんは。

今日は課長面談でした。

 

事前に提出する自己申告書には

「もうやるべき事はないので退職時期を探っている」(ほぼ原文ママ

とだけ書いて提出しています。

※普通は年始に立てた目標の達成状況やキャリア形成プランなんかを書くようです。しらんけど。

面談は自己申告書に基づいて話すのですが、自分は上記の有様ですし、昨年も退職の意向を伝えてある課長なので、もう話すことが無いんですよね。

退職はなるべく年度末にしてほしいと言われ、嫌な事があれば躊躇せずに退職すると答えて面談は終わりました。

 

相場が好調に推移して、資産額が5,000万円到達するようであればリタイアしようと考えています。インフレやマンション購入など、このブログ当初の想定とはいろいろ状況が変わっているのでリタイアに必要な資産額は練り直す必要がありますね。

 

それでは、また。

 

ダイエット日記始めます

こんばんは。

ダイエット日記始めます。

体重推移

simpledietというアプリで、体重と体脂肪率を管理しています。

2019年に体重が68キロに達して、さすがにやばいと思って毎日の記録を可視化しようと思ってアプリを使い始めました。

2019年~2021年

アプリでの記録はこのようになっています。

2019年の夏に休職して、ジムに行ったりサイクリングをしていたのでどんどん体重が減っていきました。2020年の終わりごろには60kg近くまで減ってますね。

2021年に入るとリハビリ勤務(金は出ないが復帰のためには必要という不条理制度)で職場に行くようになり、ストレスで食事が増えて体重が戻っていきました。コロナになってジムをやめたのも原因ですね。
2021年の春になり、またサイクリングできるようになって減量しかかったんですが、その後は右肩上がりですね。

・・・実際の株価みたいな動きしてますね

2022年~現在

めちゃくちゃ右肩上がりです 株価もこうあってほしかったです。

2022年の春に、今の職場に異動となりました。異動後は普通に働くようになり、時間が足りなくなりました。それでも夏場は少し体重落とせていますね。

でもそこからはジワジワと体重が増えていき、調整局面もなく今に至ります。

ジムをやめてからも室内トレーニングはやっていたんですが異動後はその頻度も減ってしまい、サイクリングもあまりしなくなってました。

そしてストレス解消でお菓子を食べるようになり、ふるさと納税でお米を頼むから食事も増えてしまっているので、、、、当然の結果ですね。

ダイエット方法

食事としては、夜は炭水化物取らない、お菓子をたべないといった基本的なことを徹底します。

運動としてはジム通いを復活させます。幸い、近所に1回500円で利用できるジムがあるのでそこに通い詰めます。

www.sapporo-dome.co.jp

目標

身長162cmですがスポーツやっていて筋肉があることも踏まえ

 体重:62㎏

 体脂肪率:16%

これを目標にします。

次回の健康診断がある10月を期限にします。

定期的に日記にします

人に見てもらうことが効果高いと思うので、ここ(とX(旧Twitter)に週1で公表していきます。

 

それでは、また

 

 

 

共済掛金の随時改定(減額)

こんばんは。

毎月天引きされている共済掛金が今月から減額となりました。

先月までは65,333円だったので7,968円の減額です。

共済掛金は収入で決められますが、マンション購入で住居手当が出なくなり収入が下がったので改定されました。

基本的には4月~6月の3か月間の収入で決まるのですが、前職場ではちょうど繁忙期で共済掛金が78,000円まで高くなったこともありました。

共済掛金額は退職後の任意継続保険料にも影響します。リタイアが近い立場ですし4月~6月の収入はなるべく低く抑えることを今から心がけておきます。

 

それでは、また。

 

確定申告完了

こんばんは。

確定申告が終わりました。

来年、また苦労しそうなので備忘録として外国税額控除と住宅ローン控除についても記しておきます。

還付金額

これだけ戻ってくることになりました。

住宅ローン税額控除が19万円ほどあるのが大きいですね。他には寄付金控除や配当控除によるものです。

国税額控除の入力

e-taxの入力画面がこれです。

証券会社別に入力しました。元データは各証券会社の特定口座年間取引報告書にあります。

楽天証券の特定口座年間取引報告書

SBI証券の特定口座年間取引報告書

国税額控除額

11,182円の現地税に対して税額控除で戻ってくるのは4,153円でした。外国税額控除を加味して、最終的な税率は24.6%となりました。

「米国株の配当は現地税10%取られるが、確定申告で取り返せる」といわれますが、今回の確定申告ではその半分も取り返すことができませんでした。

国内株なら配当控除が使えるので、高配当株投資をするなら国内株の方がいいですね。米国株に投資する場合は、税制の差を覆すような妙味のある銘柄であればということですね。

住宅借入金等特別控除(いわゆる住宅ローン減税)

住宅ローン控除の計算基礎はローン残高ですが、マンション購入価格が上限となるのは知りませんでした。

④購入価格と⑦ローン残高の少ない方とありますね。

控除額が当初の想定よりも14,000円ほど小さくなりましたが、これは決まりなので仕方ないですね。

今年の確定申告は終わりましたが、来年また経験値がリセットした状態になっているんでしょうね。

それでは、また。

 

 

イトーヨーカドー北海道撤退

こんばんは。

今日ニュースで知ったのですが、北海道からイトーヨーカドーが撤退するようです。

news.yahoo.co.jp

最寄りでした

自宅マンションは福住店から徒歩5分のところにあります。

上の記事によれば福住店は閉店は決まっているものの承継先は探している途中とのこと。地下鉄始発駅のターミナルなのでどこかが承継するとは思いますが。

ちなみに他の閉店する店舗ではダイイチやロピアが承継するようです。

ロピア

ダイイチは知っていますがロピア?なにそれ?と思って調べてみると、北海道に初上陸となるようですね。

ロピア店舗網 公式サイトより

関東だと有名な感じでしょうか。

ネットのコメントをみるとQRはおろかカード決済もできないとあるのですが、本当でしょうか。価格帯や品質も未知数なので気になるところです。

承継店舗を予想

◎ダイイチ

10年前にイトーヨーカドーと提携しているので、承継先としては本命かなと。アリオ札幌のスーパー部門を引き継ぐのもダイイチのようです。

北海道資本(本社:帯広)で野菜・果物が強いです。

このおはぎが美味しくて、半額になっていたりするとついつい買ってしまいます。

福住駅のあたりにダイイチは無いですし、ここが本命です。

○アークス

北海道ではや北東北ではトップですが全国的にはむしろ株式優待で認知されているかもしれないです。

アークスの株主優待 りんご3kg

アークスはイトーヨーカドーやダイイチと比べ少し廉価な印象です。

カルビーのポテトチップスが88円、2リットルのミネラルウオーターが70円だったりします。前のアパートの時はアークスが最寄りのスーパーで重宝していました。

▲イオンスーパー、西友

かなり近郊に店舗あるので承継はないかなと。

イオンが入っても良いかなと思ってはいますが。

×トライアル

やや近郊にトライアル月寒店あるため福住駅には来ないかなと。ただしイトーヨーカドー旭川店を承継した実績あるので、可能性はありますね。

トライアルは外国産のものが多くてあまり品質に良い印象ありません。今は違うのかな?ここではないところに来てほしいですね。

コープさっぽろ

最近1階がコープで2階が無印良品という形態での出店が目立っているので、このスタイルでの承継もありえそう。福住駅無印良品が来たら結構便利かも。

答えあわせはしばらく先

まだ閉店時期も決まっていないので、今後の動向に着目ですね。承継店舗が決まったら答え合わせ日記を書こうと思います。

それでは、また。

 

 

 

 

確定申告書作成開始

こんばんは。

確定申告をそろそろしないといけないです。

年1回の作業なので、毎回ほとんど忘れた状態からのスタートになります。

 去年の確定申告日記

leverage-kouhaitou-mix.hatenablog.com

一般口座での株式譲渡があった関係で苦戦していました。AT&Tからワーナーがスピンオフしたのが原因です。これがあって、もう米国株で個別株を買うのは辞めようと決めたのでした。

住宅ローン控除

今回が住宅ローン控除の初年度で経験がなく不安です。初めてやる仕事をするときに似た心境です。やらなければけっこうな損になるのでやるしかないです。

軽く調べた感じだと、銀行から郵送されたローン残高証明をイメージデータで送付するようです。やってみたら簡単かもしれないですが、今は億劫です。

平日にやるものじゃない

今日、作成に取り掛かったのですがあっという間に時間だけ過ぎて日が変わってしまいました。週末にしっかりと取り組まないとダメそうです。

将来的には

老後は理解力が落ちていくでしょうし、確定申告が面倒にならないような資産構成にしていったほうがいいですね。理想は「投資信託のみで全てNISA口座」でしょうか。

 

それでは、また。

 

 

 

2024年2月の資産分析

こんばんは。

前回の日記で2月4日の資産状況を公開したところですが、証券会社ごと、リスクごとなどに分けてグラフ化してみました。

証券会社

その他は銀行預金とかです。

楽天証券の方がレバレッジ資産が多いので、好況であれば楽天証券の比率が高くなっていくはずです。

国内株・米国株・投資信託

最近は国内株を買っているものの、米国と投信の方が伸びているため比率は低いままです。もう少し国内株を積極的に買っても良さそうですが、いま国内株は高いのでなかなか買える銘柄がありません。こないだ三菱UFJ銀行を買った時のように、買い時を考えずに買ってしまうのも大事なのかもです。

リスク別

債権は現金と同様のリスク(+おまけに配当)という認識です。なので10%ぐらいを低リスク資産で所有しているという感覚です。

とはいえ債権を現金化するには数日かかりますし、ある程度口座にお金を入れておかないとATM手数料の無料回数にも影響あるので、50~100万円ぐらいは現金で口座に入れておくのが良さそうです。

NISA

旧NISAが思っていたより比率が高かったです。2020年からなので今年で非課税期間が切れる銘柄が出てきます。年末に暴落がくると非課税のメリットが一気に無くなるので、機を見て売却していこうと思っています。

この点、新NISAでは非課税期間を気にして売却をする必要が無いのが良いですね。

今後

そんなに動きはないと思うので3か月ごとで良さそうです。というわけで次回は5月ごろに公開します。

それでは、また。